ひとめを気にするのはやめた

在宅で会社員グラフィックデザイナーをしています。 私と、フリーダムな韓国人の夫、またしてもフリーダムで頑固者の息子(3歳)の3人+フリーダムすぎる猫1匹で暮らしております。 私もフリーダムになりたい。

アダルトチルドレンな私が実家を出た話

f:id:kokeki:20180929132340j:plain

こんにちは。こけきです。

今回は私が実家を出た話を書こうと思います。

 

 私がグラフィックデザイナーとして就職するまでは前回書きましたが、それから半年で実家を出る事になります。

私はずっと実家を出たいと思っていました。
前の記事でも書きましたが、見た目は幸せな家庭でしたが、私にとっては辛い生活でした。

ちなみに幼少期から就職するまでのお話はこちらの2つです⬇︎

 

www.kokeki.world

 

 

www.kokeki.world

 
実家を出たくても、学生のうちは自分が生きる分のお金も稼ぐ事が出来ないし、電車で通える範囲の学校に通っていたので、どうしようもありませんでした。
まあ、多くの人がそうだと思うのですが…。

なので、自立するという事にすごくこだわっていました。
自立しないと1人で生きられない。
1人で生きられないと実家を出る事ができませんからね。

最初は、就職したら家に少しはお金を入れようと思っていました。
ただでさえ学校変えたりして私にお金がかかっていたので、少しでも返さないとと思っていました。
…でも結局家を出たい気持ちが先走り、家にお金を入れる事なく、半年間お金を貯めて、そのお金で1人暮らしをする事にしてしまいました。


その頃の両親は、何故か家を建て替える事にしたようで、家の間取りを決めたり色々していました。
そこまでボロい家でも無かったし、周りの同じ時期に建てた家も建て替えなんてしていません。
将来の老後の事を考えての事かもしれませんが、そこに何故か私の部屋もあって、私はもう家を出るのに…。と思っていました。
もちろん、親には、私は家を出て1人暮らしをするから!と再三言っていましたが、おまえには1人暮らしなんて無理だ、一回家を出たとしてもすぐに戻ってくるに決まってる、などとまともに取り合ってもらえませんでした。
その頃には兄はとっくに家を出ていました。兄も家を出るのは早かったです。

やはり同じ環境で育っていますからね、そこらへんの考えは私と同じだったんだなぁと思います。

建て替える家の事を話している両親はすごく楽しそうでした。

私の部屋はここにしよう、兄がもし結婚して戻ってきたらどうしようか、など、なんか希望でいっぱいな感じでしたね…。
電気はリモコンで付くんだよ!新しい家になったらきっとアトピーも治るよ、おまえの部屋はここだよ!などと間取り図を見せられたりしましたが、その都度、私はもう家を出るから部屋はいらないと言っていました。聞いてもらえませんでしたが…。。
私は兄は絶対に戻ってこないと思いましたし、私も家を出たら、おそらく戻ることは無いだろうと思っていました。
さすがに両親2人だけで広くて新しい家に住むのも微妙だし、お金もかかる事なので、私は結構必死に止めました。
「お兄ちゃんが帰ってくることは多分無いと思う、私ももう家を出るし戻るつもりが無い」

と説得してみましたが、うちでは私の言う事なんて価値が全くありません。
私の説得は全く響かず、おまえはどうせ戻ってくるとかずっと言っていました。
もう私では無理だ、兄が言えば両親はきっと耳を貸すだろうと思い、兄に連絡をして、家建て替えるとか言ってるんだけど止めて欲しいと言いました。
しかし兄は言いました。
「そんなんオレ知らねぇ。」
その言葉を聞いた時、ああ、もう止めるのは無理なんだなぁと思いました。
おそらく兄はもうあんまり関わりたくなかったのだと思います。
私も家を出て、自分だけの暮らしをしていたら、知らないよ勝手にすれば?的な感じになっていたかもしれません。
お金をかけて建て替えた広くて新しい家、空いている部屋がいくつもある家に2人で住むのはさすがに可哀想だと思って、必死に止めようとしましたが、全く聞いて貰えないし、こんなに必死に1人で止めようとしているのがなんかバカバカしくなり、もう勝手にすればいいと思いました。

 

そして私は友人について来て貰ったりして、親には何も言わずに1人暮らしをする物件を探して、引越しの日なども全て決めました。
部屋を借りるのには保証人がいるので、それを書いてもらうために母に言いました。
最初はびっくりしていましたし、合鍵をよこせなどと言っていましたが、私が断固拒否したのでしぶしぶ了承してサインしてくれました。

 

引越しの日は、偶然にも家を建て替える為に両親も仮住まいに引越しをする日でした。

家全体が引越しでバタバタしていたので、それに乗じて私も引越しができて、そのまま家を出る事ができました。

 

実家を出てからの開放感はすさまじかったです!

もうあの家に帰らなくて良いんだ、自分だけで生きられるんだと思うと嬉しくてしょうがなかったです!
実家では、自分の部屋で使っていた家具やカーテンなど全て私に選ぶ権利は無く、親が選んで買ってきたものでしたが、これからは好きなものを選べます。
自分で選んだ家具を置いて、自分の好きなものを食べて好きなものを見て、好きな時にお風呂に入って好きな時に眠れる。
ワンルームの狭い部屋が、ほんとに天国でした。
1人暮らしでは毎日が本当に楽しかったです。
産まれてからずっと悩んでいて酷かったアトピーも治りました。

アトピーが治ったお話はこちらです⬇︎

 

www.kokeki.world

 


考え方もなんだかポジティブで楽観的になったし、行動的にもなり、明るくなりました。
ほんとに変わったと思います。
それだけ、今までが辛かったんだなとも思いました。

もちろん、私が実家に帰ることはありませんでした。
むしろ全く実家に行かなくなってしまいました。

母と話をするとイライラするか苦しくなるので、なるべく話したくなかったし会いたくなかったです。
年末年始ですら帰りませんでした。
今思うと本当に親不孝だなぁと思うのですが、その時はそれくらい親と離れていたかったですね…。

もちろん兄も帰ることは無く、私の予想通り、新しく建て替えた家には両親2人だけになりました。
今でも2人で住んでいます。
今は私が結婚して子供が産まれたので、前よりは実家に行く事は増えました。
やっぱり孫を連れて行くとすごく喜ぶし、子供もおじいちゃん、おばあちゃんが大好きなので喜びます。
今はちょうど良い距離感になったのではないかな、と思っています。

 

実家から出るのは人それぞれのいいタイミングがあると思います。

きっと今だ!と思ったら、周りになんと言われようと、自分を信じて突き進んでほしいなと思います。

そうしたら私ように、違った世界が見えてくるかもしれません。