ひとめを気にするのはやめた

在宅で会社員グラフィックデザイナーをしています。 私と、フリーダムな韓国人の夫、またしてもフリーダムで頑固者の息子(3歳)の3人+フリーダムすぎる猫1匹で暮らしております。 私もフリーダムになりたい。

ハロウィンイベントの日に息子が発熱

f:id:kokeki:20181109091031j:plain


今週のお題「ハロウィン」

 

話は遡ること27日の土曜日…。

 

土曜日は、「レインボー祭りin川越」というお祭りが、川越総合地方卸売市場という所で開催されるとの情報を入手したので、早速息子と2人で行ってみる事にした。

 

 

市場で開催なので、市場でも色々やっているみたいなのだが、市場は朝早く、閉まるのも早い。

私はせっかくなので、なるべく早く行きたかったのだが、息子が

 

「ブロックであそんでからおでかけする!」

 

と言い出し、ブロックで遊び始めてしまったので、なかなか出発できずに、結局お昼頃に到着した。

 

残念ながら予想通り、市場の方はもうやっていなかった。

f:id:kokeki:20181029115816j:plain

ガラーン…。

 

しかしお祭りではパトカーや白バイに乗れたり、トランポリンやゆるキャラも沢山登場して、息子は結構楽しそうだった。

 

⬇︎一応息子が運転席に乗っているのだが、全く見えない…。

f:id:kokeki:20181029115643j:plain

f:id:kokeki:20181029115755j:plain

f:id:kokeki:20181029115909j:plain

f:id:kokeki:20181029115929j:plain

 

ご当地グルメも販売しており、息子用におにぎりと、しょうゆ漬けのお餅と、日高市高麗鍋(こまなべ)というものを食べた。

キムチが乗っていてかなり美味しかったので、私は大満足だった。

 

f:id:kokeki:20181029121055j:plain

 

その後、何事も無く帰宅したのだが、私は外出で疲れ果てていて休みたかった。

しかし息子は

 

「いっしょにあそぼうよー!!!!」

 

と私が横になるのを許してはくれない。

 

しかたなく、遊びながら隙を見て、さりげなく横になったりしていた。

 

その途中、私は眠気を我慢できなくなってきたので

 

「お昼寝しようよー」

「おひるねしない!!あそぶ!!!」

 

という攻防を何度か繰り返していたのだが、ついに遊んでいる最中に私がウトウトし始めてしまった。

 

ハッと気付いて隣を見ると、息子がスヤスヤ眠っていた。

 

時間は17:00。

 

微妙すぎる時間だった。

 

そして私はこのツイートをし、息子を起こす事にした。

 

案の定、息子機嫌最悪。

 

泣きまくり、全く起きようとしなかった。

 

仕方が無いので、息子を抱き上げ、リビングの椅子に無理矢理座らせてみたのだが、息子は椅子から崩れ落ち、スンスンと泣いていた。

 

とりあえず布団からは出たので、だんだんと目が覚めるだろう。

 

早く夕飯を作った方がいいなと思い、私はキッチンで夕飯を作り始めた。

 

しばらくすると、さっきまでスンスン泣いていた息子が、

 

わあああぁぁぁーーーー!!!

 

と泣き始めた。

 

どうしたのかと見に行くと、息子がおしっこを漏らしていた。

 

 

まじかー。おしっこ漏らすなんてもうずっと無かったのに…。

 

でも寝ている間はまだオムツがとれていないので、半分寝ている状態だったからしょうがないか…。

 

とりあえず私は息子に

「トイレ行って、パンツとズボン脱いできて!こっちはママが拭いておくから!」

 

と言い、息子は泣きながらトイレに行っていた。

 

おしっこの始末が終わると、息子はぼーっとして全裸のまま座っていた。

 

私は、あれ?

と気が付いた。

 

なんか、息子の顔、赤くないか…?

 

熱を測ったら案の定、37.7度あった。

 

息子がこのくらいの熱を出すと、必ずその後38度を超えて発熱する。

 

すぐに息子に服を着させ、

「ごはんたべる?」

 

と聞くと、泣きながら

 

「たべるってばー!!!」

 

と言うので、とりあえずご飯を用意した。

息子が食べたいと言っていたおにぎりだ。

 

一応2人で食卓に座って食べ始めたのだが、やはり息子は全然進まないようだ。

おにぎりを手に持ってはいるが、全然食べようとしない。

 

「食べたくないなら無理して食べなくても良いよ?」

 

と言うと、

 

「たべられない」

 

と言い、結局何も食べずにもう寝る事にした。

 

布団に入ると、息子はすぐに寝た。

 

そんなに寝たかったのか…。

 

私は自分の行為を反省した。

 

無理矢理起こしたのが間違いだったのだ。

 

 

そもそも、写真を見て分かると思うが、今日の息子は薄着すぎた。

 

私は長袖を着ろと言ったのだが、朝の息子は何故か

 

「あついからシャークきる!!!」

 

と言っていた。

 

シャークとはタンクトップの服の事で、サメの絵が書いてあるので息子はそう呼んでいた。

さすがにそれは寒いだろうと思ったが、息子は一度言い出したら聞かないので、そのままにしておいた。

 

出かけるときはその上にジャンバーを着て出かけたのだが、昼間は思いのほか暑くなり、息子も

 

「あつい!!」

 

と言うのでジャンバーは脱いでタンクトップ一枚で過ごしていたのだ。

 

無理にでも、もう少し着させるんだった。

 

可哀想な事しちゃったな…、と暗い気持ちになりながら、一人で夕飯を食べた。

 

 

こんなに早く息子が寝る事なんて無い。

休みの日に、こんなに一人の自由な時間なんて普段は無い。

 

現にさっきまでは息子に「あそぼう!あそぼう!!!」と言われ続け、強制的に遊ぶ羽目になっていたので、こんな一人の時間を切望していたのだ。

 

しかしどうしてだろう。

 

あんなにウザかった息子が、今はなんだか苦しそうに寝ている。

 

その姿を見ると、ウザいほどあそぼうあそぼう!!と言ってきて楽しそうな息子の姿が恋しく思えてくる。

 

一人の時間なんてどうでもいい、早く元気になって欲しいと、心から思った。

 

 

 

 

翌日、息子の熱は下がり、元の元気は息子に戻っていた。

 

夜中は何度か起き、熱もかなり上がっていたが、一晩寝て治ったようだ。

 

子供の回復力はすさまじい。

 

その日はハロウィンのイベントに行く予定だったのだが、病み上がりで出かけたら熱がぶり返すかもしれないので、行かずに家でずっと遊んでいた。

 

せっかく楽しみにしていたのに…。

 

ツイッターを見ていると、世の中はハロウィンで盛り上がっている。

 

夫の姉が送ってくれた、ミニオンの服を着てイベントに参加する予定だった為、せっかくなのでミニオンの服だけでも着てみて、少しでもハロウィン気分を味わう事にした。

 

f:id:kokeki:20181029121856j:plain

 

ひととおり遊んで満足したので風呂に入る事にした。

 

風呂に入る前、息子はいつも全裸でトイレに行くのだが、私は息子を喜ばせようと、ポッキーのファミリーパックの中に入っていたかぼちゃのお面を付けて、全裸でトイレの前に立ち、息子を驚かせてみた。

 

息子は

 

「キャアアーーーー!!!!」

 

と嬉しそうに逃げ回り、全裸のお面の私は全裸の息子を追いかけた。

 

そして私はお面を外し

「ママでしたー!!!」

 

と言うと、息子が突然泣き出した。

 

私はビックリして

「どうしたの!?」

 

と聞くと

 

「こわかった…」

 

と。

 

まじかよ。

あんなに楽しそうにしてたじゃん!!

 

しかもこのお面、2人で作ったやつじゃん!

 

これだよ?

f:id:kokeki:20181029122015j:plain

 

 これが怖いなんて、子供の想像力は素晴らしいな。

 

 

なんか微妙すぎるハロウィンになってしまったので、来年はもっとハロウィンらしい事したいなぁ…。

 

 

 

 

 ブログ村に参加してみました!
⬇応援よろしくお願いします!︎
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村