ひとめを気にするのはやめた

在宅で会社員グラフィックデザイナーをしています。 私と、フリーダムな韓国人の夫、またしてもフリーダムで頑固者の息子(3歳)の3人+フリーダムすぎる猫1匹で暮らしております。 私もフリーダムになりたい。

オムツを洗濯機で洗ってしまった時の絶望はティッシュの比ではない

f:id:kokeki:20181109172311j:plain



 うちの息子は、夜寝ている時にまだおしっこをしてしまう為、寝るときはオムツをしている。

 

 

オムツといっても、パンツに付けるタイプのトレーニングパッドというやつだ。


f:id:kokeki:20181011160027j:plain

前まで使っていたトレーニングパッドは大きめだった為、息子がいくらおしっこをしまくっても漏れる事は無かったのだが、前のよりも小さいこのトレーニングパッドに変えてから、朝起きるとズボンが濡れている状態になっている事がよくあった。

 

でも濡れていた方が、朝起きてすぐにトイレに行く習慣が身に付くのでまあ良いかと思っていた。

 

これは私の予想なのだが、息子は寝ている時よりも、朝起きた瞬間におしっこをしているような気がする。

なので朝起きてすぐにちゃんとトイレに行ければ、パンツで眠れるんじゃないかと思っていた。

 

さすがにズボンが濡れているのは嫌なようで、息子は朝起きたらすぐにトイレに行くようになってきた。

まあ、私が「トイレ行ってきて!!」としつこく言わないとなかなか動いてくれないのだが…。

 

息子がトイレに行く時は、ついでにパジャマから服に着替えるので、全裸になってから行っている。

 

パジャマを脱ぐのもトイレに行くのも服を着るのも、基本的に私は手伝わないようにしているので、息子はまず全裸になり、脱いだパジャマを洗濯機に入れ、トイレに行き、引き出しから服を出してそれを着る。

 

しかしパジャマを脱ぎ散らかして、布団の上やトイレに放置されている事がよくあった。

むしろちゃんと洗濯機に入れてくれる事はほぼ無く、私が後で拾って洗濯機に入れていた。

 

でもなぜかその日は、私が寝ている間に1人でトイレに行き、ちゃんと洗濯機にパジャマを入れて、服に着替えていた。

 

おおー!偉いぞ!息子よ!

1人でちゃんとできているじゃないか!!!

 

私は嬉しくなり、息子を褒めまくった。

 

 

 

……みなさん、お気付きだろうか…。

 

私の犯した失態に…。

 

 

そう…いつも私が洗濯機に入れる時は、もちろんパンツからオムツを剥がして捨てている。

しかし、息子はパンツに付いているオムツも一緒に洗濯機に入れてしまっていたのだ…。

 

うちは夜に洗濯する習慣なので、朝は「成長した息子」の姿を見る事ができて私も嬉しかったし、息子も褒められてご機嫌だった。

 

そしてついに夜がやってくる…。

私はオムツの事なんか何も知らず、洗濯機をまわしてしまった。

 

出来上がった洗濯物は、何故か真っ白だった。

 

私は洗濯機の中にオムツのかけらを見つけ出し、瞬時に自分の犯した失態に気が付いた。

 

 

 

今までティッシュを洗濯してしまった事は何度かあったが、オムツは初めてだった。

 

もうティッシュの比ではない。

 

本当に白い。

 

一部分では無い、全体なのだ。

しかもトレーニングパッドといえど、結構でかい。

オムツの残骸は広範囲に分散し、洗濯物全てを侵食していた。

そして何よりも違ったのは、繊維の細かさだ。

ホコリのような繊維が、洗濯物の繊維に無数に絡みついている。

 

もう取れる気がしなかった。 

これは濡れているうちはきっとどうしようもないな…。

そう思い、とりあえず現実から目を背け、そのまま干す事にした。

 

もう一気にテンションだだ下がりである。

洗濯物が終わったらあとは寝るだけなのに…。

1日のうちで1番ルンルンな時間と言っても過言ではない時間が、絶望の時間になってしまった。

 

息子は

「あー白くなっちゃったねー」

と言っていた。

私は

「そうだね…」

となんとも言えない気持ちだった。

 

でも息子に悪気は無い。

むしろちゃんと自分で洗濯機に入れたのだ。

ただオムツを捨てるのを忘れただけの3歳児を攻めようが無い。

 

一応、今後同じ事が無いように、

「オムツは絶対に洗濯機に入れちゃだめだよ。」

とは言っておいた。

息子は

「うん、わかったよ。」

と言っていたが、自分が悪いとは微塵も思っていない様子だった。

 

 

 

次の日も現実から目を背け、洗濯物の事は無かった事にしようとした。

しかし、洗濯物は毎日やってくる。

今日の分の洗濯物を干す為には、昨日の洗濯物を取り込まないといけない。

ようやく私は、現実に向き合わざるをえない状態になったのだ。

 

とりあえず洗濯物は乾いている。

コロコロを使えば取れるのではないかと思い、コロコロを使って地道に取っていった。

コロコロのおかげで、なんとなく綺麗になったが、オムツの繊維が至る所に食い込んでおり、かなり時間がかかった。

不幸中の幸いで、その日の洗濯物は非常に少なかったのでなんとかなったが、それでもその作業に1時間くらいはかかってしまった。

 

もう2度とこんな思いはごめんだ。

 

そう思った翌日、また同じ事が起きてしまった…。

なんて学習能力の無い親子なんだろう…。

 

三度目が来ないように、最近は洗濯機のスイッチを押す前に中を確認する習慣がついた。

 

 

ブログ村に参加してみました!
⬇応援よろしくお願いします!︎
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村