ひとめを気にするのはやめた

在宅で会社員グラフィックデザイナーをしています。 私と、フリーダムな韓国人の夫、またしてもフリーダムで頑固者の息子(3歳)の3人+フリーダムすぎる猫1匹で暮らしております。 私もフリーダムになりたい。

私は3歳の息子にYouTubeを見せまくっている。そしてヒカキンが恐ろしい!

f:id:kokeki:20181205170835j:plain

みなさんは子供にYouTubeを見せているだろうか?

うちは結果的にかなり見せまくり状態になっている。

 

 

 我が家の平日のルーティー

 

我が家の平日は、夫は仕事で子供が寝てから帰宅するので、基本は私1人でいろいろやる羽目になる。

 

我が家の平日は、毎日こんな感じ。

 

まず私の仕事が夕方に終わる(在宅)

炊飯器のスイッチを押してから保育園へ息子を迎えに行く

息子と一緒に帰宅

テレビつける

息子がテレビを見ている間に夕飯作り

夕飯できたらテレビ消す

夕飯食べる

食べ終わったらテレビつける

息子がテレビを見ている間に風呂掃除と食器洗い

風呂が沸いたらテレビ消す

息子と2人で風呂に入る

風呂から出たらテレビつける

息子がテレビを見ている間に自分の髪を乾かしたり、洗濯物を取り込んだりする

テレビ消す

洗濯物干したり、息子の歯磨き

絵本読んでから就寝

 

 

……なんだか改めて書いてみると悲しくなってくるな…。

 

ご覧の通り、平日は寝る前の絵本の時間以外は、ほぼ息子はテレビを見ている状態になっている。

 

そして、この「テレビ」と書いてある部分が、アニメになったりYouTubeになったりいろいろするのだ。

 

ハマるとそればっかりしか見なくなる息子

 

息子はすごくのめり込みやすいタイプで(子供はみんなそうなのかな?)

ハマると本当にそれしか見なくなる。

 

妖怪ウォッチなんて200話以上あるの3周くらい見ていて、なんか流石にヤバいと思った。

 

うちは基本的にリアルタイムのテレビは見ずに、アマゾンプライムdアニメストアとhuluでやっているものを見ているのだが

そうするとアニメなどは次から次へ果てしなく続いてしまうので、ずっと見続ける状態になってしまう。

 

でもそれと同じように果てしないのがYouTubeだ。

 

面白い動画はいくらでもあるので、ずっと見続けてしまう。

 

私は実は、基本的にはYouTubeよりもアニメとかを見て欲しいと思っている。

 

息子がYouTubeでよく見ているのは、ゲームの実況動画と、おもちゃの紹介動画だ。

 

やっぱりただおもちゃを紹介していたり、ゲームをやっているだけのものを見るよりは

きちんと脚本があって、物語があるもののほうがいいなーと思ってしまう。

 

しかし、大人でもハマったらなかなか抜け出せないYouTube

 

息子もハマりまくっている。

 

ヒカキン恐るべし!!!

 

私が最も恐れているのは、YouTuberの代表格とも言える王者「ヒカキン」だ。

 

私は「マリオが見たい!」という息子の要望に応えるべく、マリオの動画を選んだのだが

それがスーパーマリオオデッセイ」のヒカキン実況動画だった。

 

ヒカキンさんは本当に子供の心を掴むのがうまくて、いちいちそのヒカキンさんの反応を息子が真似したりして、息子は相当のめり込んでいた。

 

流石に何周も同じものを見ているので、他の人のものに変えたりもしたのだが

 

「ヒカキンがいい!!!!」

 

と息子はもうヒカキンの虜状態になっていた。

 

私は結構ゲームが好きなので、ヒカキンさんのようにプレイスタイルが雑で、結局マリオオデッセイも途中までしかやっていなかったりと、話題性重視であまりやり込まない感じの実況は好きではなく、もっとオタクっぽくやり込みまくっている人のほうが好きなのだが、息子はやっぱりヒカキンが一番みたいだ。

 

しかし、夫は私よりもヒカキンが好きではなかったようで、息子がヒカキンの真似をしていると

 

「ヒカキンの真似なんてしないで!」

 

と言っていたり、なんかすごく嫌がっていたので、最近あまり見なくなっていた。

 

そして次に息子はmkさんという実況者の「ニンテンドーラボ」の「ドライブキット」の動画にハマって、そればかり見ていた。

 

もう何周見たのか分からないくらい、毎日毎日ドライブキットばかり見ていた。

 

 

もうヒカキンは全然見なくなった頃、私はスーパーに行くのを嫌がる息子を釣る為に、チョコエッグを買ってやると言って、スーパーでチョコエッグを買ってやった。

 

そのチョコエッグが「スーパーマリオオデッセイ」のチョコエッグだったので、

なんだか私も懐かしくなり、あの魔のヒカキンのオデッセイ動画をつけてしまったのだ。

 

今までヒカキンを封印されていた息子は

 

「あ!!!ヒカキン!!!ぼくヒカキンみる!!!」

 

と目の色を変えて大喜びで、食い入るように見入っていた。

 

もうやっぱり集中の仕方が、ヒカキンだけ別格なのだ。

 

FFで言うところの「ゆうわくのうた」をくらったような状態の息子。

 

今もこの状態は続いている…。

 

ヒカキン、おそるべし…。

 

これ以上ヒカキンの虜になったらマズイ気がするので、マリオオデッセイ以外のヒカキンは見せないようにしている。

 

ヒカキン問題勃発

 

昨日の夜、夫が休みだったので、私は夜まで仕事をしていた。

 

ちょっと仕事が終わらず、夫に任せていたのだが、夫が夕飯を作っている間、いつものように息子にテレビを見せようとしていた。

 

最近の息子のブームは言うまでもなく「ヒカキン」である。

 

ヒカキンが嫌な夫は

 

「ヒカキンはつけないよ!」

 

と言ったようで、仕事をしている私の所にわざわざ息子が来て

 

「ヒカキンつけて!!!!」

 

と言ってきた。

 

私はちょっと困ったのだが、パパが主に育児をしている時はパパの方針に従ったほうがいいかなと思い、

 

「今はパパと一緒にいるんだから、パパがダメだったらダメだよ。」

 

と言った。

 

もうそこから息子は大号泣である。

 

「ヒカキン見たい!!ヒカキンがいいー!!!!」

 

と叫びまくり、私と夫は

 

「ルパンレンジャーは?面白いよ!」

 

などと言っても

 

「ルパンレンジャーは嫌だ!ヒカキンがいい!!!」

 

と、何が何でもヒカキンが良いようだった…。

 

天下の戦隊モノもヒカキンに叶わないのか…。

 

どんだけ強いんだよヒカキン。

 

結局私がいると甘えるので、私は仕事部屋へ戻され、

夫が説得してヒカキン以外のものを見ることになったようだ。

 

しかし、ママはヒカキンをつけてくれるのに、パパはつけてくれないなんて、ものすごく理不尽な事を息子にしてしまった。

 

今回の事は、ただの夫の好き嫌いに息子を巻き込んだだけだった気もするので、夫と話をしてみた。

 

ヒカキンさんは、やっぱりちびっ子に人気があるだけに、汚い言葉遣いはしないし、色々気を使っているのが分かる。

 

ある意味親は安心できるYouTuberでもあるのだ。

 

そういう話をしたら、夫はちょっとは納得したようではあった。

 

しかしおそらく夫がヒカキンの動画をつける事は無いだろう。

 

もうヒカキン問題をどう対処したら良いやら…。

 

今の我が家の課題である。

 

結局YouTubeってどうなの?

 

うちの息子は本当にハマりやすいので、ある程度大人が操作してやらなければならない。

 

でも、YouTubeを見せるのが悪い訳でも無いと思う。

私は基本的に、いろんなものを見るのは良いと思っている。

 

しかし…うちは見せ過ぎのような気がする…。

 

しかもハマるとそればっかりになるので、なるべく偏らないようにしなければ…。

保育園の先生も「同じものばかり見せるのは良く無い」と言っていたし。

 

そう思ってはいるのだが…。

 

息子が望むものをつけてやるほうが、圧倒的に私がラクなのだ。

 

そう、ただ私がラクしたいだけ…。

 

こんなんで良いのだろうか。

 

みなさんの家庭ではどうでしょうか?

 

 

 

www.kokeki.world

 

www.kokeki.world

  

www.kokeki.world

 

 

⬇︎インスタグラムはじめました

https://www.instagram.com/kokeki103/

 

 ⬇ブログ村応援よろしくお願いします!︎
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村